三重県司法書士会
お気軽にご相談ください。
059-221-5553 (予約専用)

PDF書類が表示できない場合は上図を
クリックしてAdobe Readerを
インストールしてください。
HOME > 当会の取り組み
◆消費者教育講座の開催◆10月1日『法の日』無料相談事業
◆青少年消費生活講座への講師派遣◆2月『相続登記はお済みですか月間』無料相談事業
◆高齢者虐待防止・自死対策◆司法書士による無料相談会(巡回相談)
◆8月3日『司法書士の日』無料相談会

【消費者教育講座の開催】
 近年、訪問販売にて必要のない耐震工事やリフォーム工事の契約をさせたり、不要な商品を次々に購入させるといった悪質な訪問販売の被害や、キャッチセールス、無料商法等の悪質商法の被害が増加しています。
 また、安易なクレジット契約やカードローンの締結から多重債務に陥るケースも多く見られ、されにはインターネット関係のトラブルも急増しております。
 当会では、市民の皆様がそのような消費者トラブルに巻き込まれない知識を得ていただくため、消費者教育として当会の講師を派遣し出前講座を案内募集しております。
 ※案内申込み詳細等については ⇒ こちら
【青少年消費生活講座への講師派遣】
 高校生の方々が社会に出る前に、消費者問題に関する法律の知識を少しでも身につけていただき、無用なトラブルに巻き込まれたり、犯罪の被害に遭ったりすることを予防することを目的として、三重県内の高校生を対象に行われている「青少年消費生活講座」(主催 三重県)に対する講師派遣を行っております。
【高齢者虐待防止・自死対策】
 人間関係の希薄化、核家族化、少子高齢化、独居高齢者、超高齢社会、医師不足、病床閉鎖、要介護者の増加、介護者の高齢化、過疎化、経済不振、リストラ、低賃金、年金問題等の深刻な問題が現代社会において浮上してきております。
 このような状況の中で、高齢者虐待及び自死が社会問題になっており、これらは、複雑な要因が絡み合った複合的問題であることが多く見受けられます。そのため、これらの問題に対処するためには多くの専門職(機関)が連携する必要があります。
 そこで、当会では、司法書士は法律専門職として、県下の各地域におけるネットワークの一員として多くの専門職(機関)と連携し日々これらの問題に対し積極的に取り組んでおります。
【8月3日『司法書士の日』無料相談会】
 明治5年(1872年)8月3日、太政官無号達で司法職務定制が定められ、「証書人・代書人・代言人」の3つの職能が誕生しました。この代書人は現在の司法書士にあたります。司法書士の前身である代書人が誕生したこの8月3日は、『司法書士の日』であります。
 当会では、この『司法書士の日』の記念事業として、各事務所にて無料法律相談を実施するのと同時に会館にて無料相談会を開催しております。
【10月1日『法の日』無料相談事業】
 毎年10月1日の「法の日」記念事業として、毎年10月1日から数日間、各事務所にて無料法律相談を実施するのと同時に三重県下の各地相談場所において無料相談会を開催しております。
【2月『相続登記はお済みですか月間』無料相談事業】
 毎年2月を「相続登記はお済ですか月間」として2月中、各事務所にて無料法律相談を実施するのと同時に三重県下の各地相談場所において無料相談会を開催しております。
【司法書士による無料相談会(巡回相談)】
 三重県において人口の分布は地域によって大きな差があるため、人口が集中する地域に比べ、人口が減少傾向、また高齢化がすすむ市町村においては、法的なサービスを受ける機会が少ないといった問題に対して私たち司法書士の職能を活かしそういった地域における方々を対象とした「司法書士による無料法律相談会」を実施しております。
 具体的には、常設相談会を設置できない地域において巡回相談会(3〜4ヶ月に1回)を開催しております。
 ※現在熊野市、御浜町で実施中。
topへ
プライバシーポリシー